自動車鈑金(板金)塗装専門店 有限会社 シバボディー 関東運輸局認証工場 第1−11842 番 
 
お問い合わせ デュポン株式会社 スタンドックスパートナーズ
 
重防錆板金 高機能塗装 ドレスアップ

トップページ 当店基本作業   作業進行状況   外車の板金塗装   モーターサイクル   会社概要   リンク
損傷の酷い鈑金修理 FRPバンパーの修理 バンパーの修理              
  当店設備紹介
◎塗装ブース
   

日精オーバル社製の上下圧送式塗装ブースです。天井から外部の新鮮な空気をファンにより吸入し、地面から外部へ放出します。理想的な風の流れですね。

塗装後は70℃まで温度を上げることができ、強制乾燥させます。冬場でも20℃で温風塗装が可能です。

サイズも色々ありますが当店の仕様は外車を修理することが多いので大型仕様の長さ7.5M  幅4.4Mと一番大型のものを導入しています。

◎デュポン・スタンドックス(塗料)

当店ホームページ、高機能塗装でご紹介しています。 こちら!

◎ミキシングマシン(塗料攪拌機)
 

ボタン1つで約96色の塗料を一度に攪拌する機会です。中には全くといっていいほど使わない色がありますのが、それも一緒に攪拌してくれるので常に良い状態で保管できます。

◎エアーコンプレッサー
 

アネスト岩田社製のエアードライヤー付きパッケージ式コンプレッサー5馬力。
エアードライヤー内臓式でエアー内の水分を取り除き、クリーンなエアーが供給できます。

◎フレーム修正機
 

衝突安全ボディーへの移行に伴う骨格構造の変化や高張力鋼板に代表される新素材の採用で、車輌損傷のさい、従来では考えられない箇所に歪やねじれが発生するようになった昨今、ユニバーサルジグ修正の様な固定イコール計測、修正が可能な超高級修正機では対費用効果を視野に入れなければなりません。
レッグクランプはユニバーサルジグ修正機のように足回り損傷部位をオフセット固定し、その部位に対してのダイレクト修正が可能です。
ボディーの歪みやねじれの修正作業を効率化する。特
徴はユニバーサルジグの様に足回り損傷部位をオフセット固定し、そのまま修正できる。
サイドシルフランジレスの車両や軽トラック、小型トラックなどの固定も可能。

 
◎当店車載車
 

当店こだわりの1台。 インプレをご紹介します。

パワーは旧式から比べると全然劣り、ターボ車独特の迫力ある音はなくなりエンジンも2t車みたいな音がします。
アイドリングは暖まったらものすごく静かです。
高速走行は140キロ巡航可能ではないでしょうか。
燃費は待ち乗りで約4・5キロ。 高速120キロ以上だと異常に悪くなります。

三菱フソウ ベストワンファイター 4tベース
平成18年式 240馬力 インタークーラーターボ
カスタムグレード 標準幅 ベット付き
エンジン形式 6M60 (T1) 177kW
全長 8m64、 幅 2m28、 高さ 2m42
荷台 古河ユニック UC45CMRR
2.5tウィンチ 荷台傾斜角度8° リアゲート角度4.5°

主要装備

・電動キャブチルト ・フルフローティングキャブ(キャブサス)
・ディスチャージヘッドランプ(オートレべリング付き) 
・キーレス ・リモコン付きヒーターミラー ・エアサスシート
・オートライティングシステム ・4スピーカーシステム 
・ステップランプ ・フルオートエアコン ・Ivisシステム
・モケットシート ・ラウンドカーテン ・EZGO ・SRS 
・ABS  ・木目調パネル・メッキバンパー ・メッキグリル

オプション

・メッキコーナーパネル ・メッキエアダムスカート
・メッキミラー&メッキミラーステー&3ミラー仕様
・メッキフェンダー・メッキサイドクォーターガーニッシュ
・メッキドアハンドルガー二ッシュ ・ドアバイザー
・アルミホイール(アルコア)・ステンレスサイドバンパー2段(ワンオフ)
・アルミ燃料タンク(150L) ・ステンレスリアフェンダー
・ホイールパークブレーキ・メッキグリル ・メッキステップガーニッシュ

荷台オプション

・電動リアゲート ・6チャンネルリモコン
・接地ローラー・アイドルアップ装置 
・埋め込みフック4箇所追加・電磁式PTO ・車幅等10個

社外品

・ボカシ入り断熱フロントガラス
・ドアガラス断熱フィルム・ステンレスハブキャップ
・HIDフォグランプ ・ETC ・地デジHDDナビゲーション
・LEDサイドマーカー ・バイザーモニター
・セキュリティシステム(ワンオフショックセンサー、ゾーンセンサー他秘)

オリジナル

バックランプを砲弾型LED+リフレクタ−を使って作ってみました。
42発入れたのでものすごく明るいです。夜は直視できません。

 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

◎ホイールパークブレーキシステム

通常で言うサイドブレーキ。通常サイドブレーキはワイヤーを介してブレーキシュウでプロペラシャフトなどをロックしますが、これはエアーでブレ−キチャンバーを制御し、ブレーキチャンバーを介してブレーキシュウをロックします。 そのため効きは抜群で急勾配な坂でも全く動きません。

エアー式の為サイドブレーキを引いた時に、ブレーキチャンバー内のエアーが一気に大気開放されるので「プシャーーーーー」という大きな音がでます。
バスや大型トラックから良く聞こえますね。
4t車はオプションのため、まずつける人はいませんが・・・

増トン車以上はすべて標準装備。

ただ4tOPでつけると左の写真のようにエアータンクが鉄になってしまいます。通常ファイターはアルミ製エアータンクです。
増トン・大型仕様になるとアルミタンク2個付けになります。

 
 

◎Ivisシステム

メーター中央部に液晶があり、メンテナンス情報・トラブル情報・・電圧計・走行情報・燃費情報・運行スケジュールなどを表示します。

◎電動キャブチルト

電動でキャブ(ヘッド部)が上に上がります。通常4t車では手動ですが、カスタムグレードでは電動になります。(他メーカーも同じ)

◎フルフローティングキャブ

キャブ(ヘッド部)自体にサスペンションがついていて、地面からの振動を和らげます。こちらもカスタムグレードのみなので通常のファイター4tよりもスプリングで浮いている分、車高が高くなります。

◎セキュリティーシステム

24V車だと種類がなく特殊なセンサーもでていないので、カリスマセキュリティーショップ・「プロテクタ湘南」さんでワンオフ制作して頂きました。センサー・セッティング・特殊回路すべて思い通りな感じに仕上がりました。止まっているのを見かけても場合によっては近づいただけで警告音を発しますので近づかないほうがいいですよ。

プロテクタ湘南」さんのインストール技術は絶対的なもので、有名人の車も施工していますよ。