自動車鈑金(板金)塗装専門店 有限会社 シバボディー 関東運輸局認証工場 第1−11842 番 
 
お問い合わせ デュポン株式会社 スタンドックスパートナーズ
 
重防錆板金 高機能塗装 ドレスアップ

トップページ 当店基本作業   作業進行状況   外車の板金塗装   モーターサイクル   会社概要   リンク
損傷の酷い鈑金修理 FRPバンパーの修理 バンパーの修理              
  FRPバンパー修理(エアロ
 

真っ二つに割れてしまったFRPバンパーを元の位置に合うように仮固定します。裏側のFRPを貼り付ける場所を確認し、しっかり足ずけします(表側も)  そしてシリコンオフで脱脂してFRPを貼り付けます(この作業を忘れると極めて密着が悪くなります)。
このときに関係のない場所に樹脂が流れないようにしっかり養生します。関係のない場所に樹脂がついていまうと、修正の範囲が広がってしまいます。

 

*FRPを貼り付けるための樹脂と硬化剤を混合するときは必ず計量器を使って正確な分量を混合します。目分量でだいたいでやってしまう乾燥不良などのトラブルが発生します。乾いても極めて密着が悪かったり、再々補修のときにまともに研磨できません。

裏側のFRPが乾燥したら次に表からFRPを貼ります。強度保持とパテを薄くする為です。(ケースバイケースです)
貼り付けたFRPは熱を加えてしっかり乾燥させます。半乾きの状態でパテ付けをすると、後で樹脂がパテにしみ込んできて全部はがさななければならなくなります。

 

完全硬化したらフェザーエッジ(なだらかなスロープ)を作って、エアーブロー・脱脂をしてパテを付けます。

 

パテ仕上げ後、2液のウレタンプライマーサフェーサーを塗装します。
そして3次元網目構造の強固な塗膜を作る為に60℃×40分焼きます。
(FRPパーツなので通常よりも低い温度で焼きます。)

*焼く=赤外線ヒーターなどで強制的に熱を加えること

 

サフェーサー乾燥後、一晩寝かして(置く)耐水ペーパーで400番・800番・1200番と水研ぎ研磨し表面を整え確実なラインを出します。
全体的に1200番をかけ不純物を取り除き最後にスコッチブライトにウォッシュコンパウンドをつけて足ずけ・脱脂します。

 

そして上塗りです。裏表エアーブローして、よく脱脂してタッククロスを全体にかけて本塗りを開始します。ベースコートをウェットで2〜3コート、クリアーを2コートします。クリアーは厚く塗れば良いというものではあません。逆に密着力が低下してしまいます。適正膜厚というのがありますので、新車時で大体110〜130ミクロンです。
当店ではこの膜厚に極力近くできるように下地から最終クリアーまでの工程を行っています。

 

クリアー塗装後、フラッシュオフタイムを約10分とり60℃40分焼きます。

乾燥後、一晩寝かして車両に取り付け最終磨きをかけて完成です。